システムエンジニア(SE)もフリーならば請求書作成が必要

システムエンジニア(SE)といえば、誰もが企業内のシステムやプログラミングを担当するパソコンの専門職というイメージがあるでしょう。

大抵のシステムエンジニアは会社に勤め、実務以外の請求書作成などの業務には携わらないのが定番です。

しかし、最近ますます増えてきたシステムエンジニアという業種にはフリーランスで働くという形態も増えてきています。

いくらシステムエンジニアだといっても、企業から離れてフリーで働くならば、実務以外の雑務も自分自身で行わなければなりません。

そしてシステムエンジニアが個人で契約し、業務を引き受ける対象はほとんどが企業です。

企業相手ではたとえフリーで個人だから等という甘えは一切通用しません。

請求書などに些細な入力漏れなどのミスひとつあれば、それが致命的になる可能性もあります。

もし、そのミスが相手企業に不利益を与えるものであるなら徹底的に糾弾されるでしょう。

また、逆に相手企業に利益を与えるようなミスだった場合、糾弾されなくてもまずそのミスを逆手に取られます。

フリーランスとして企業と離れたからこそ、一切のスキを企業相手に見せてはいけないのです。

そのため、フリーのシステムエンジニアは、請求書作成であっても手を抜くことは許されません。

しかし、請求書作成がシステムエンジニアの本業とはかけ離れたものであることも事実です。

元からパソコンに詳しいシステムエンジニアは、会計ソフトも専門的なものを選ぶ傾向があります。

しかし、そこは初心に返り、会計処理の初心者として素人向けのクラウド型会計ソフトなどを活用することがお勧めです。

なお、本稿執筆にあたっては以下の記事を参考にさせていただきました。
参考:システムエンジニアの請求書はどうするべきか | カンタン請求書作成ソフト・クラウド ランキング